将来のために

子供誕生を機に死亡保障について考える

子供が生まれたら、万一のことを考えて保険見直しが必要になります。親なら誰でも、我が子が成人するまでの費用を準備しておきたいと考えるものです。死亡保障として、毎月10万円を保障するという内容の「収入保障型定期保険」というのがあります。例えば、ご主人が30歳で亡くなった場合、毎月10万円を30年間受け取ることができるので、最大で3600万円の保障になります。これの他に、「貯蓄性のある終身保険」というのをプラスして契約する場合が多いです。終身保険なので、一生涯の保障になります。何歳で亡くなっても死亡保険金が支払われます。若い年齢で終身保険に入ると、返戻金の方が多くなる場合がほとんどのようです。いずれにしても、より良い保険見直しが行えるよう専門家にに相談しましょう。

医療保険とガン保険、どちらに入るべきか

子供がまだ小さいのに、両親が病気やガンになったら大変です。医療保険とガン保険の保険見直しについて考えてみましょう。夫婦ともに必要な保障になります。入院保障は1日5000円の保障が一般的です。医療保険とガン保険、どちらに入れば良いのか迷う人が多いと聞きます。両方入れればいちばん安心できますが、保険料が高くなるのは困りものです。簡単に違いを説明するならば、ガン保険はガン治療に特化した保険内容になっています。医療保険は、ガンを含む様々な病気を保障する内容になっています。よほどのガン家系でない限りは医療保険をお勧めします。しかし、ガンという病気は近年、放射線治療などの発達がめざましい状況です。専門家がガン保険を強く勧めるようになった背景は、このような理由からです。特に貯蓄が少ないという人は、ガン保険を選んだ方が経済的負担が少なくて済みます。これらのことを踏まえつつ、保険見直しを考えてみましょう。